セラピストとWワーク

Wワーク先としてリラクゼーションサロンを選んで働いている人も多くいます。
そんな兼業セラピストさんのクチコミをご紹介していきます。

結婚・出産を機にセラピストを離れたAさん

結婚しても仕事は続けていたのですが、妊娠を機にセラピストのお仕事を一旦辞め、主婦業・母親業に専念していました。
最近子供が小学校に通いだしたことをきっかけに復職を考えていたんですが、なかなか主婦業とのWワークとなると時間が限られてしまったり、家の近くで良さそうなサロンが見つからなかったりして、難しいと感じていました。
最近になって近所でリラクゼーションサロンのオープニングスタッフを募集しているという求人を見つけ、営業時間も自分が希望する時間とも合っていたこともあり、思い切って応募してみたら、経験者ということで即日合格をいただきました。
ブランクがあるので改めて研修を受けましたが、もともと普段から主人相手にもみほぐしをしていたこともあって、技術を思い出すのに時間はかかりませんでした。
しばらくは両立に慣れなくて大変でしたが、だんだん要領が分かってきてからは仕事が楽しくなってきました。適度に外に出る時間も必要だなーと今は楽しんで働いています。

本業もセラピストのBさん

とある整体店で整体セラピストとして働いています。友人と開業した店ですが、正直宣伝にまで手が回っていないせいかあまりうまくいっていません。
本業だけじゃ収入的に厳しいこともあって、お客様の数が少ない曜日に副業で別のサロンでセラピストとして働いています。
同じ業種ではありますが、メニューの内容に結構違いがあったり、またそっちはチェーン店なのできっちりとしたマニュアルがあったりして、自分たちの店にも活かせそうな部分を勉強させてもらってます。
やっぱり施術の回数をこなさないと技術も向上していかないと思ってるので、副業先でたくさん施術させてもらえるのはありがたいですね。しばらくは二足のわらじで続けていけたらと思ってます。

会社員を経てセラピストになったCさん

大学を卒業して普通の企業に就職し、会社員をしていたんですが、仕事にやりがいが感じられず、別の仕事を探していた時にセラピストの仕事と出会いました。
いろんな求人を見て、自分に合いそうなところがあったので問合わせてみたら、研修中は時間も結構拘束されるし、今のお仕事を休まないとやっていけないと言われてしまい、思い切って会社を辞めてリラクゼーション業界に飛び込みました。
厳しい研修を乗り越え、華々しくセラピストデビュー!したのはいいものの、完全歩合のお店なので最初の3ヶ月は会社員時代よりもだいぶ生活が厳しく、結局派遣で別の仕事と掛け持ちをしています。
最近ちらほら指名をいただけるようにもなってきたので、セラピストの収入が安定するまでは今の形で続けて行って、いずれ専業でやっていけたらと思っています。