セラピストの種類

「セラピスト」は療法士などと訳され、専門の知識や技術を用いてその人の悩みや症状を癒す職業を指します。

セラピストと一口で言っても様々な業種がありますので、いくつか主なものをご紹介していきます。

ボディ系セラピスト

主にリラクゼーションサロンなどで、もみほぐしなどの施術を行うスタッフのことです。
資格は特に必要なく、サロンで講習や研修を受けた後、お客様の施術にあたっています。

主な職業や資格

エステティシャンリフレクソロジストアロマトリートメントリンパドレナージュなど様々な民間資格もあり、セラピストとして働く上では資格は必要ないながらも、知識や技術の工場のために資格を取得するセラピストも多くいます。
施術の方法は多岐に渡っており、女性をターゲットにした痩身や小顔マッサージ、またストレッチによる施術を行う専門店なども増えています。

メディカル系セラピスト

医療的な立場から、マッサージなどを治療として行うことができるセラピストです。
癒しを提供するリラクゼーションサロンとの差別化のため、「マッサージ」という言葉は国家資格取得者がいる店ではないと使えないことになっています。

主な職業や資格

あん摩マッサージ指圧師はり師きゅう師柔道整復師理学療法士などの国家資格が必要で、免許取得後は治療院を開院することができ、健康保険を使っての治療を行うことができます。

心理セラピスト

人の心に対して専門の知識を用いてサポートしていくセラピストです。

主な職業や資格

現在心理セラピストとしてもっとも地位が確率されているのが、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する臨床心理士の有資格者。民間の資格ではありますが、大学などで専門的な分野を履修しないと受験資格が得られないなど高いハードルが設けられていることなどから、もっとも信頼性の高い資格で、病院や学校、オフィスなどでカウンセラーとして働いている方が多くいます。
最近では「公認心理師」という国家資格も誕生し、まずます発展していく分野です。

フードセラピスト

食べ物に関するアドバイスを行ったり、食生活の改善を図ることで健康を目指していくお手伝いをするセラピストです。

主な職業や資格

フードセラピストは、学校の給食センターや医療の現場などで食事に関するアドバイスを行うなど、予防医学的にも注目されており、様々なところで活躍しています。
オーガニック食材を専門的に扱うオーガニックフードセラピストや、薬草についての知識が豊富なハーブセラピストなどがいます。